松阪市 看護師・介護士求人ナビブログ
三重県内の医療に携わる方に最適で最良のお仕事をマッチング!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看取る悲しみに寄り添う

看取る悲しみに寄り添う


 淀川キリスト教病院の「こどもホスピス」(大阪市東淀川区)にやって来る重い病気の子どもたち。最期を迎える時は、看取(みと)る側の親やきょうだいらも、壮絶な体験をする。お別れを言い、亡くなった後は思い出を抱えて生きていく。その支えとなるために、こどもホスピスは家族の悲しみのケアにも力を注ぐ。医療者らは「家族にとって、いつでも来てもらえる場所であり続けたい」と願っている。


■   □



 本棚や広いテーブルがあり、子どもらの学びに使われる「がっこう」スペース。今月9日の夕方に医師や看護師9人が集まり、話し合いを始めた。昨秋、亡くなる直前に入院した小児がんの男児の症例を振り返るためだ。


 「短い期間だったが、凝縮した家族との時間を過ごせて良かった」「もっと早く治療先の病院から紹介してもらえないだろうか」――。次々と意見が出た。


 「最期の過ごし方で、家族がその後、子どもを亡くした事実とどう向き合うかが変わってくる」。看護課長の羽鳥裕子さん(54)は、これまでの経験からそう感じている。


■   □



 こどもホスピスではこれまでに、8人の子どもの看取りに深く関わった。7人はこどもホスピスで、1人は自宅で亡くなった。


 四十九日が終わった頃、羽鳥さんと担当看護師がそれぞれの家族の自宅を訪問している。こどもホスピスで過ごした日々の写真をとじたアルバムを手渡し、家族と思い出を語り合う。


 「普通の病院なら、亡くなったり退院したりすると、関係が途絶えるだろうに」。昨春、小児がんで3歳の次女を亡くした兵庫県内の母親(40)は、訪問を打診する電話を受け、驚くと同時にうれしく感じたという。


 葬儀などの忙しさが一段落し、心に穴があいたような時期だった。周囲の人とは次女の話をすることもできず、家にこもりがちになっていた。


 訪問を受けた際には、入院中の様々な思い出話ができた。「悲しみを思い出すというより、温かい気持ちになった」と話す。


 ひときわ感謝しているのは、当時5歳だった長女への対応だ。


 妹がいなくなることを、どう伝えようか。次女の最期が近づいた時、看護師らと相談を重ねた。「神様のところへお引っ越しする」。そう表現しようと決めると、看護師が長女のために、引っ越しの様子を描いた絵本を手作りしてくれた。


 母親は今も時折、長女を連れてこどもホスピスを訪れる。次女の入院中に上達した折り紙で動物などを作り、子どもたちに贈っている。


■   □



 7月下旬には、子どもを亡くした家族を対象に、初めての家族会も開いた。5家族12人が参加し、様々な思いを分かち合った。


 「ここに来ると、子どもに会える気がする」と語った父親、きょうだいを亡くした子ども同士が一緒になって遊ぶ様子――。彼らと過ごすうちに、羽鳥さんは「同じ経験をした家族同士の場は必要だ」との思いを強くした。


 「家族へのケアは生前から始まり、亡くなった後も続く。たくさんの思い出を作り、悲しみに寄り添うことで、私たちの役割を果たしたい」


 今後、家族会は毎年開催する予定だ。


(2014年10月5日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト

スペイン看護師、エボラ防護用手袋で顔こする?


スペイン看護師、エボラ防護用手袋で顔こする?


 ロイター通信によると、スペイン・マドリードの病院でエボラ出血熱に感染した看護師の治療にあたっている担当医は8日、記者団に対し、看護師が病室で使用した防護用手袋で顔をこすった際に感染した可能性があるとの見方を示した。


 この病院には9月22日、シエラレオネでエボラ出血熱に感染した神父(25日に死亡)が入院し、看護師はシーツ替えなどで2度、接近したとみられている。担当医は「看護師が手袋で顔をこすったと話した。3度確認した」と述べた。


 看護師は現在、この病院で隔離治療を受けており、エル・パイス紙の電話インタビューで「防護服を脱ぐときに、間違いがあった」と認めた。


 この病院では8月にも、リベリアでエボラ出血熱に感染した別の神父が入院、死亡している。スペイン政府は治療関係者や看護師の夫など、約50人の経過観察を続けている。看護師はアフリカ大陸以外でエボラ出血熱の感染が確認された初のケースとなった。


(2014年10月9日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

3位はCA、2位は看護士、1位は!?  男性から好かれる女子の職業ベスト3

3位はCA、2位は看護士、1位は!?  男性から好かれる女子の職業ベスト3


女性の職業は、どのくらいあるのでしょう。一般的な仕事から考えていくと、一般事務職、銀行員、受付、保育士、栄養士、調理師、教師、幼稚園教諭、薬剤師、アナウンサー、キャスター、写真家、画家、作家、書道家、茶道家、華道家など、ざっと挙げただけでも様々な職業があります。こうした様々な職業に、現在、女性は就いているわけです。なかには男性と肩を並べている仕事、医師、弁護士、大学教授、研究者など、かつて男性の職業といわれた仕事にも就いて、女性は現在活躍発展途上にあります。


こうした状況下で、どうやら男性が好きな女性の職業は、男性と肩を並べるような職業ではないようです。全体的に、どちらかといえば、女性本来の母性に根付いたような柔らかな仕事が、人気があるようです。では、そういう職業とは、どんなものがあるのでしょうか。そして、そういう職業には、どんな男性心理が隠されているのでしょうか。男性の支持率が高い職業ナンバー3から、その理由と共に紹介しましょう。




■男性の永遠の憧れ! 3位「客室乗務員(CA)」


客室乗務員(CA)は、とにかく、男性が憧れている要素をたくさん備えています。


・「容姿端麗」であること
・「微笑」で対応してくれること
・「何かと気配り」をしてくれること
・「制服が凛々しい」こと
・「言葉使いがきれい」であること


などがあります。けれど、客室乗務員の仕事は、生半可なものではありません。上空何万メートルの機体のなかで、客への細々した気配り、食事の準備から配膳、後片付け、万一の事故への冷静な対応など緊張する場面もあり、立ち仕事が多く苛酷で重労働です。普通の人間など、それこそ機体に乗っているだけで飛行機酔いをしてしまうな条件下で、フライト中に嫌な顔もせず対応してくれます。相当な精神力もなくてはなりません。様々な訓練も乗り越え、いつも内面と外見を磨きあげているキャビンアテンダントです。それゆえに、魅力的なわけなのでしょう。


こうした制服姿も凛々しいCAに憧れる男性は、多いはずです。緊張感のある上空で、接客をさばいていく姿から「家庭でも、あの社交で切り盛りしてもらいたい」というイメージを、世の男性は抱くのかもしれません。




■献身が心情♥ 2位「看護師」


一般論で言っても、男性は看護師の制服が好きですが、あの看護士の制服とナースキャップには、常に社会で戦っている男性には、癒しの象徴のように見えるのかもしれません。看護師は、男性から見て献身的で優しく心も傷も癒してくれるというイメージがあるのでしょう。


事実、入院などしてみても、ナースと呼ばれる人々は、本当に優しく献身的人柄であるということが分かります。まさに、「白衣の天使」という言葉が当てはまるようなキャラクターの人が多いようです。そんな看護師ですから、男性は、かなり良い印象を持っています。


しかし、実際の看護師の仕事は、夜勤もあり大変苛酷です。そうした環境にも耐え抜いて、傷ついた患者のために、一身をささげる……看護師には、頭の下がる思いです。こうした看護師の姿勢に、世の男性は、心安らぎ親近感を抱くのではないかと思います。




■母性が強そう! 1位「保育士」


保育士が、世の男性に一番人気がある職業なのは、どうやら「優しそう」「子供好き」「母性的」という家庭的な印象があるからなのでしょう。事実、保育士は、子供が好きで愛情深い人が多いようです。 保育士の仕事は、「子供と楽しく遊ぶ仕事」くらいに思われているケースも多いですが、幼稚園と違って食事、ミルクの準備、昼寝など仕事は多岐に渡り、実に体力が必要な職業です。


万年、腰痛という持病を抱えてしまうというのが、保育士の職業病でもあります。それでも、小さい子供相手の仕事なので、いつも明るく振る舞い、優しく気配りする姿は、子供達に安心感を与えるでしょうし、男性たちも、この安心感に共鳴するのかもしれません。男性は「子供好きで愛情深いイメージ」を保育士に抱き、もし、結婚をするのなら、温かい家庭をつくってくれそうだと思うのでしょう。


男性が好む女性の職業は、華やかなものも含まれながらも、堅実な家庭的なもの、人を安心させたり温かくする職業に集約されているようです。外目の華やかさではなく内実の母性的な温かいもの、誠実な信頼できるものを、少なくとも自分の恋人には求めているという結論に達するのでしょうか。


(All About 2014/10/3)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

大阪で「メディカルラリー」 医師や看護師ら救急救命医療の技術を競う

大阪で「メディカルラリー」 医師や看護師ら救急救命医療の技術を競う


 医師や看護師らが日頃培った救急救命医療技術を発揮する「第13回大阪千里メディカルラリー」が、大阪府吹田市津雲台の済生会千里病院と千里南公園一帯で行われ、府内や近畿、青森、山梨、三重、福岡県などから参加した21チームが、「チームワーク」を競い合った。


 救急医療病院の医師、看護師、救急救命士が6人のチームをつくり、大規模事故などさまざまな場面を想定した7カ所の「現場」を移動しながら、10分の制限時間内に適切な処置を行えるかを競う医療コンテスト。


 千里南公園の西側に設けられた「列車転覆事故現場」では、横たわった大勢のけが人役の人たちに止血、点滴の応急手当てをしながら、けがの軽重を見て治療の優先順位を判断する「トリアージ」を実施した。また、けがの部位によってどの病院に搬送するかを決め、審査員らが適切な処置かどうかをチェック、採点していた。


 審査の結果、堺市立堺病院と同市中区のベルランド総合病院、同市堺区の耳原総合病院のスタッフによる「堺チーム」が1位に選ばれた。


(産経新聞 10月10日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

資格を取りたい人必見!「教育訓練給付制度」で10月からさらにお金が戻ってくる!

資格を取りたい人必見!「教育訓練給付制度」で10月からさらにお金が戻ってくる!


スキルアップしたいビジネスマン&OLは、見逃せない制度が!


スキルアップして将来、職場内での昇進や転職に備えよう、という人が増えています。専門学校やスクールに通うとなると、まとまったお金がかかりますが、お勤めしている人であれば、払った授業料の一部が戻ってくるお得な制度があります。それが「教育訓練給付制度」です。


「教育訓練給付制度」は、厚生労働大臣指定の専門学校やスクール、通信教育などの講座を受講して、全過程を終了した場合に、お金が戻ってくる制度です。戻るお金のことを「教育訓練給付金」といい、支払った入学金と授業料の20%(上限10万円)が支給されます。10月1日からは「一般教育訓練給付金」と、名称が変わります。


例えば、あるスクールでファイナンシャル・プランナー2級(AFP)を取得する講座に入学した場合、費用は入学金込みで約15万円かかったとします(1回2時間の授業を約30回受ける)。全過程を修了すると、このうち、3万円が戻ってくる、という計算になります。


試験の合格・不合格は問われません。また、パートやアルバイト、派遣で働く人でも、雇用保険に加入していれば、この制度を使うことができます。


美容師からトリマーまで、さまざまな資格が対象に


初めて制度を利用する人は、受講開始日までに雇用保険に 1年以上加入していれば利用できます。また、過去にこの制度を使ったことがある人は、3年以上ないと、新たに利用することができません。


さらに退職しても、再就職までの空白期間が1年以内であれば、前職の一般被保険者であった期間が通算されます。


そして10月1日から、かかった費用の40%が戻る「専門実践教育訓練給付金」が新設されます。


初めて受給する人は、雇用保険の加入期間が2年以上、 2回目以降は前回の受給から 10年以上経っているなどの決まりごとがあります。


10月から開講する「専門実践教育訓練給付金」の対象となる講座は、美容師、理容師、介護福祉士、看護師などの専門職から、「おもてなし」の分野で働くための観光学科、ペットのトリマーを学ぶ科目もあります。「一般教育訓練給付金」の講座を探すには、行きたいスクールのホームページやパンフレットに「教育訓練給付制度(一般)指定コース」などというマークを見つけましょう。


「専門実践教育訓練給付金」がもらえる講座は、厚労省のホームページから探してみましょう。


(Suits-woman.jp 10月3日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

スターフライヤー、客室乗務員募集 求む看護師や保育士

スターフライヤー、客室乗務員募集 求む看護師や保育士


 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は10月に入り、客室乗務員の募集を開始した。会社指定のウェブサイトからエントリー後、履歴書などを送付する。締切は10月26日正午で、応募書類は29日必着。


 入社は2015年4月以降の会社指定日で、勤務地は北九州空港。客室乗務員としての経験や学歴は問わない。雇用形態は契約社員で、採用数は10人から20人程度を見込む。


 SFJでは、看護師資格や保育士資格、英語や中国語などの語学能力があれば、なお望ましいとしている。


 書類選考の通過者のみ、二次選考を案内する。二次選考は11月16日に福岡で、11月17日に東京で開催を予定している。


(Aviation Wire 10月3日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

看護職員16%が石綿使用経験 京都、医療手袋洗浄で

看護職員16%が石綿使用経験 京都、医療手袋洗浄で


 京都医療労働組合連合会(京都医労連)は3日、医療関係者へのアンケートで、京都府内で働く看護職員の16・4%が、アスベスト(石綿)を使う作業を経験していたとの調査結果を発表した。「想像以上に多く、広範な健康被害が起きる恐れもある」といい、18日に電話相談を受け付ける。


 調査は、山口県の准看護師と大阪府の元看護師が、医療用の手袋を洗浄して再利用する際、ゴム同士がくっつくのを防ぐため使ったタルク(滑石)の粉に含まれる石綿により中皮腫を発症、労災認定されたのを受けて実施した。


 昨年12月~今年5月にアンケートしたところ、回答した看護職員391人のうち、64人が石綿を使った作業や、石綿が吹き付けられた環境での作業を経験したと答えた。介護士など他職種の同じ回答は全体の約3%で、看護職員が特に石綿に接する機会が多かった状況が分かった。


 作業内容(複数回答)は、手袋などゴム製品の再利用が57人と最も多かった。「せきやたんが多い」「息切れがひどい」など呼吸器異常を訴えた人も10人おり、京都医労連の坂田政春書記長は「石綿との関連は不明だが、受診や検査を呼び掛けたい」と話した。電話相談「医療現場のアスベスト110番」は18日午後1~6時。当日のみ使用の専用電話はフリーダイヤル(0120)061730。


(京都新聞 10月4日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

能別に病棟分類…「急性期」「回復期」など

能別に病棟分類…「急性期」「回復期」など


 高齢化社会に対応し、リハビリや在宅支援のための医療体制拡充を目指す厚生労働省は今月から、病棟を機能別に4分類する新制度を導入した。


 病棟ごとに「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」に分類し、過剰とされる重症患者向けの病床を減らし、実情に合わせた転換を促す。


 現行の体制では、高齢者医療に適した病床が不足している一方で、数が多い重症患者や救急患者向けの病床では、リハビリなど在宅復帰に向けた支援体制に乏しく、身体機能が低下した高齢者が寝たきりになりやすいという課題が指摘されている。このため、病棟を4分類することで機能を明確化し、きめ細かい対応ができるようにする。


 今月から、医療機関が看護師数や手術件数などの現況を踏まえて病棟を4種類のいずれかに分類し、都道府県に報告する。都道府県は、患者数や将来人口の推計から病棟機能の必要量を割り出し、2015~16年度に「地域医療構想」を策定する。医療機関から報告された現状と必要量に食い違いがあれば、地元の医療関係者らと協議し、病棟機能の転換を求めていく。


(読売新聞 10月4日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

病院看護師バブルがやってくる 11年後に14万人 だぶつきの衝撃

病院看護師バブルがやってくる 11年後に14万人 だぶつきの衝撃


 大学の看護学科新設ラッシュで看護師が今後急増しそうだ。特に病院では、将来深刻な人余りが予想されている。白衣の天使はいかに生き残ればいいのだろうか。


 11校(1991年度)だったのが、今や226校に(2014年度)──。
 いったい何の数字かといえば、看護学部・学科を設置した看護系大学の数である。97年度以降毎年約10校のペースで増えつづけ、23年間で20倍以上。日本の4年制大学の総数は約770校だから、実に3・4校に1校が看護系学科を持っていることになる。入学定員の数は、558人(91年度)から1万9454人(14年度)と、実に35倍になった。


 少子化もどこ吹く風。大学は今、さながら「看護バブル」ともいえる様相だ。中には、11年度に看護学科を新設した上智大学のように、一見“看護”と縁のなさそうな大学まである。アエラでは、今春看護系学科を新設した17大学にアンケートし、設置理由などを聞いた(文末の資料1参照)。顔ぶれを見ると、北海道から九州・福岡まで全国にまたがる。敦賀市立看護大学(福井県)など3校が単科大学として新設され、奈良学園大学(奈良県)など、これまで医療系学部がなかった大学も新規参入する。そして、ここにも「意外」と思える大学が看護学科を新設している。


●現在は看護師不足だが


 7月下旬の日曜。この春、看護学部を新設した足利工業大学(栃木県足利市)のオープンキャンパスが開かれた。
 開始直前、ゲリラ豪雨に見舞われたにもかかわらず、親子140人近くが参加。
 同大はもともと同じ学校法人傘下の短期大学に看護学科を設置していたが、社会の変化に対応して大学学部への転換を図ったという。
「4年制だと、看護師だけでなく、これから人手不足が心配される保健師の資格も取得できます。保健師としても活躍できる幅の広い看護師になっていただきたい」
 と、荘司和男副学長は大学の使命を語る。 
 実際、看護師不足は深刻だ。
 看護師(准看護師を含む)の数は約144万人(12年)と、9年間で25万人近く増えた。それでも、厚生労働省の「看護職員需給見通し」によれば、15年時点で看護職員(看護師、准看護師、保健師などの総称)の「需要」が約150万1千人なのに対し「供給」は約148万6千人と約1万5千人不足している。アンケートの「看護学部・学科」の新設理由を見ても、
「社会環境の変化と地域における看護師の人材需要に対応」(北海道科学大学)
「地元千葉県をはじめとする社会に貢献」(聖徳大学)
 などと、いずれも不足する看護師への対応を挙げている。
 それにしてもなぜ、大学の数が飽和状態といわれる中、「看護系新設ラッシュ」が起きるのか。
「一言でいうと、看護師不足と大学の学生募集の利害が一致した結果」
 と、教育ジャーナリストの小林哲夫さん。受験生確保に悩む大学にすれば、適当な学部をつくっても受験生が集まらない。また集まっても、就職先がなければいずれ定員割れというリスクに悩むことになる。その点、看護系であれば受験生は集まり就職先にも困らない。大学にとって看護系学科は、学生を確実に集められる「おいしい市場」(関係者)となったのだ。


●診療報酬改定の余波


 しかし、安易な新設はリスクを伴う。
 典型例が04年度に誕生した法科大学院だ。少子化に悩む大学には学生集めの切り札と映り、74校が「乱立」した。だが、司法試験合格率は平均20%台に低迷。学生離れが加速し、募集停止が相次いだ。今年度の入試では67校が学生を募集したが、61校が定員割れし、うち44校は半数にも満たなかった。こうしたことから先の小林さんは、
「本来、看護師の国家試験の合格率は100%に近いが、すでに一部の大学では合格率が60%、70%台のところも出ている。今後、合格実績の低い大学は、法科大学院のように定員割れを起こし募集停止になりかねない」
 と「新設ラッシュ」に懸念を示す。
 そして気になるのが、増え続ける看護師の数だ。
 病院で勤務する看護師14万人が余る──。
 そんなセンセーショナルな試算を、医療コンサルティングの「グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン」(東京都港区)が行った。
 同社の渡辺幸子社長は言う。
「国が描く改革のシナリオをベースに試算した結果です」
「改革のシナリオ」というのが、4月の診療報酬改定だ。
 診療報酬とは、医療機関や薬局が健康保険組合や患者から受け取る代金のこと。原則として2年に1度、改定が行われるが、4月の改定では看護職員数の配置基準も変わった。


●ジェネラリスト目指せ


 国は06年度、高度な医療と集中看護で入院日数を縮め医療費を抑える狙いで、7人の入院患者に対し看護師1人を配置する「7対1病床」の区分を新設。入院基本料も大幅に増額し、それまでもっとも高かった「10対1病床」の1・2倍にした。その結果、増収をあて込んだ多くの病院が7対1病床に飛びついて病院間で看護師の争奪戦が起き、さらなる看護師不足を招いた。
 7対1病床の増加は、そのまま医療費にも跳ね返った。12年度の医療費の総額は過去最高の38兆4千億円。7対1病床に関する政策は明らかな失策だった。
 すると厚労省は手のひらを返し、今年4月の診療報酬改定で、7対1病床を約9万床に当たる25%減らす方針に転じたのだ。すべての団塊の世代が75歳以上になる「2025年問題」に備え、自宅に戻る患者の多い病院に対する評価を高くするほか、在宅医療に取り組む診療所にも診療報酬を手厚く配分するとした。
「訪問看護師の需要が高まり、日本全体で看護師が余るわけではありませんが、そのことは病院で働く看護師が余る可能性を示しています。その数が、25年は最大で約14万人となるのです」(渡辺社長)
 では、病院で働き続けるにはどうすればいいのか。実際、多くの看護師は「病院で働きたい」と本音を漏らす。訪問看護師は「高齢者の介護」のイメージが強く、給与も病院看護師の8割程度だ。
 グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン監修のもとに作成した「病院看護師として生き残るための4カ条」(文末 資料2)をご覧いただきたい。診療科別の病棟から混合病棟になる流れが想定されるため、専門職としての立場だけではなく、ジェネラリストになる能力・順応性を持つことが求められているという。さらに、看護部長を目指したり、生き残れる病院を見極めたりするなど、病院看護師として生き残る道は少なくない。


●訪問看護を魅力的に


 一方で渡辺社長は、訪問看護師の必要性も強調する。
「病院に残る視点も大事だが、高齢化が進む中、むしろ訪問看護師にやりがいや価値を見いだせる仕組み作りが大事」
 そのためには、現場と行政が「在宅医療」のさらなる普及に努め、在宅医療を支える環境を整えるなど、やるべきことは多いと指摘する(文末の資料3「訪問看護師の仕事を魅力的にするための5カ条」参照)。


 日本看護協会によれば、訪問看護ステーションで働く看護師の数は約3万4千人(12年)だが、25年には「最低でも5万人必要」。
 同協会の齋藤訓子常任理事は、看護師の心構えとして言う。
「入院中から『退院したら家で暮らす』ことを視野に入れた病院でのケアが重要です。つまり病院では『治すこと』に主眼がおかれますが、『治療後、一人で暮らせない状態』ではなく、日常生活が送れる身体の状態にすることと合わせて、生活を支えるサービスにつないでいくことが求められます」
 大切なのは、働き場所ではなく、患者に寄り添う気持ちだ。


(資料1)2014年度に新設された 看護学部・学科
※各大学へのアンケートをもとに作成


所在地 大学名学部・学科名 倍率 入学者数(男:女) コメント


公立
福井 敦賀市立看護大学看護学部・看護学科 20.9 57(7:50)
福井県でも特に嶺南地域の医療人材(特に看護職)の慢性的不足の解消


私立
北海道 日本医療大学保健医療学部・看護学科 3.5 85(13:72)
      成熟した看護師教育を目指す。札幌近郊で実践的な「看護学実習」を実施


北海道 北海道科学大学保健医療学部・看護学科 15.3 106(16:90)
      社会環境の変化と地域における看護師の人材需要に対応


青森 青森中央学院大学看護学部・看護学科 3.6 94(16:78)
    医療が高度・専門化する中、看護師に求められる役割も高まってきている


栃木 足利工業大学看護学部・看護学科 3.5 83(8:75)
    社会の変化に対応して大学学部への転換を図った。看護と工学の連携


埼玉 東京家政大学看護学部・看護学科 3.2 110(0:110)
    人々の健康の保持増進と生活の質を維持する看護の実践力をもつ看護者を育てる


千葉 聖徳大学看護学部・看護学科 5.8 96(0:96)
    地元千葉県をはじめとする社会に貢献。最先端の医療機器を配備した環境


千葉 千葉科学大学看護学部・看護学科 2.5 97(17:80) 災害看護学、リスクマネジメント論など幅広い知識を身につけることができる


東京 文京学院大学保健医療技術学部・看護学科 9.0 105(10:95)
    様々な健康レベルの人の生活のあり方を理解するための実習を組み入れている


岐阜 朝日大学保健医療学部・看護学科 4.0 87(11:76)
    地元で活躍する看護師を育て、地域の保健・医療・福祉に貢献する


岐阜 中部学院大学看護リハビリテーション学部・看護学科 3.5 91(18:73)
    総合大学としての強みを活かした総合的な医療・福祉を学べる


三重 鈴鹿医療科学大学看護学部・看護学科 5.0 99(21:78)
    広い視野に立って地域貢献できる看護専門職養成に重点


京都 京都看護大学看護学部・看護学科 4.0 114(17:97)
    京都府内唯一の看護系単科大学として、充実した設備を整える


大阪 大和大学保健医療学部・看護学科 10.9 149(23:126)
    少子高齢化が進む現代社会では、医療への期待がますます高まっている


奈良 奈良学園大学保健医療学部・看護学科 11.4 88(14:74)
    奈良県看護協会及び地域の自治体、関係団体からの要望に基づき設置


広島 安田女子大学看護学部・看護学科 3.7 103(0:103)
    女子総合大学での広く深い学びの実現。看護師、保健師、助産師養成課程の設置


福岡 帝京大学福岡医療技術学部・看護学科 5.1 88(12:76)
    地域で学び、地元で生きていく人材をより多く育てるため


(資料2)
【病院看護師として生き残るための4カ条】


1.当事者意識を持ったジェネラリストになる
専門職としての立場だけではなく、ジェネラリストになる能力・順応性を持つことが求められる


2.看護部長を目指す
管理者としての経験を積み、看護師長、看護部長などの病院経営の幹部を目指す


3.生き残れる病院を見極める
地域の医療ニーズをしっかりとつかんで適切な医療を提供している病院でなければ、今後、生き残ることはできない


4.専門家としての道を極める
専門性の高い看護師は引き続き需要がある。救急や手術室、内視鏡検査などの専門家としての道を狭く深く進む


(資料3)
【訪問看護師の仕事を魅力的にするための5カ条】


1.現場と行政が「在宅医療」のさらなる普及に努める
国や自治体が在宅医療を推進・拡大し、在宅で対応可能な医療の幅を広げることが必要


2.在宅医療を支える環境を整える
患者・家族が在宅で簡便に使用でき安全に管理できる機器や医療材料が必要だが、現在これらの供給が不十分。そのための環境を整える


3.看護師の業務範囲を拡大する
在宅医療拡大のためには、訪問看護師が現場で行う業務範囲の拡大が必要


4.病院と地域の橋渡し役になる
訪問看護師が病院と地域の橋渡し役を担える可能性が最も高く、訪問看護師がそのイニシアチブをとっていくことが望ましい


5.病院看護師と同レベルの給与体系を目指す
給与体系が異なることもあるので、両者に差がないような政策対応、イメージ戦略も欠かせない




※グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン監修


(AERA 8月18日号)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

比に看護師派遣 日赤和歌山医療センター

比に看護師派遣 日赤和歌山医療センター


 フィリピン北部のオーロラ州で衛生状態改善などの医療支援事業に取り組むため、日赤和歌山医療センター(和歌山市)が堀本知春看護師(30)を同国に派遣した。来年4月上旬までの約半年間滞在し、支援活動を行う。


 今回の派遣は、日赤とフィリピン赤十字社が平成17年から協力して行っている支援事業の一環。オーロラ州は首都・マニラから遠く、行政的なサポートが行き届かないことからインフラ整備が遅れ、水やトイレなどの衛生状態が悪く、子供たちの健康問題も深刻だという。


 堀本看護師は海外での医療支援に携わりたいと看護師を志し、今年で9年目。これまでにアフリカ地域の感染症対策事業にアシスタントとして派遣された経験を持つ。フィリピンでは、地域保健ボランティアに研修を実施し、健康への意識改革に取り組むほか、住民に対する保健衛生の指導も担う。


 出発にあたって堀本看護師は「日本では感じることが難しい現地の生活に直接アプローチする責任を感じる。現地の人が自分たちの力で立つことができるようにサポートしていきたい」と語った。


(2014年10月1日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

医療従事者の勤務改善、三重県が支援センター

医療従事者の勤務改善、三重県が支援センター


 勤務医や看護師の長時間勤務が常態化している状況を改善しようと、三重県は28日、津市桜橋の県医師会館内に「県医療勤務環境改善支援センター」を置き、業務を県医師会に委託した。


 各都道府県に支援センターの設置を求める改正医療法の10月施行を前に開設するのは福岡、岐阜県に次いで3番目。


 同センターは、医療の質の向上のため、医療従事者の離職を防いだり、復帰しやすい職場環境を作ったりすることで、1人当たりの負担を軽くするのが目的。社会保険労務士や医療経営コンサルタントらの専門チームを県内の病院に派遣し、労働環境や経営の計画作成に関する助言を行う。


 また、センター内に常勤する社会保険労務士らが電話相談にも応じる。


 県医務国保課によると、県内の看護師数は2012年末で約1万4000人と全国平均を下回っており、結婚や出産、育児などを理由に退職するケースが多い。医師数も全国平均より少なく、1人当たりの勤務時間が長くなっている。


 この日の開所式で、県医師会の青木重孝会長は「医療従事者の勤務環境を良くし、良質な医療を県民に提供したい」とあいさつした。同支援センターの開設時間は平日午前9時~午後5時。問い合わせは(059・253・8879)。


(2014年8月30日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

がん・認知症、患者家族を教え支える…新システム 2大拠点で開発進む

がん・認知症、患者家族を教え支える…新システム 2大拠点で開発進む


 患者の介護や看病を担う家族は、身体的な負担や見通しが立たない不安を抱え、「第二の患者」と呼ばれる。そんな患者家族を支える最新教育システムの開発が、がんと認知症の国内2大医療研究拠点で進んでいる。



病状やケア方法 細やかに


写真入りで返信
 千葉県柏市の国立がん研究センター東病院。月1回の通院で抗がん剤治療を受ける肺がん末期の男性患者(76)が、重い副作用に苦しんでいた。


 両足の親指がただれ、激痛が走る。背中は乾燥し、硬化して象の皮のようだ。皮膚科の薬も処方されたが、外来では対処しきれない。生きがいだった愛犬との散歩もできず、妻(73)との在宅生活は崩壊寸前だ。


 昨年6月、夫妻は、同病院が試行する外来治療支援システム「SAFE PAC」に参加した。


 まず、体や心の状態から移動や食事、経済面などの困り事まで、暮らしに関わる230項目の質問に答えた。治療や生活の複合的な問題点が整理され、関係部署で共有された。


 さらに、自宅や通院時の病院で週2回、渡されたタブレット端末を使い、痛みや皮膚の状態など10項目を1~5の数字で入力する。入力時間は5分ほどで、あとは送信するだけだ。


 端末にある連絡欄では、外来では気兼ねして聞けなかったことを担当看護師の大谷清子さん(48)に尋ねる。食欲や下痢、薬の飲み忘れなどに加え、足のケア方法を尋ねると、写真入りの丁寧な返信があり、夫の足は3か月で治った。


 高齢者の3割は何らかの合併症を持つ。薬の副作用や脱水などのリスクも高いが、通院と通院の間は医師らの目が届かない。患者や家族が自宅から支援システムに加われば、症状の変化に早めに適切に対応できる。何より家族への教育効果が大きかった。


 患者の妻は、「大谷さんとのやりとりで夫の病気を段階に応じて理解し、闘病の協力者になれた。夫の心身の状態をフォローしてもらっている安心感があり、ストレスが減って不眠症も治った」と語る。


 同病院では、来年2月までにこの支援システムに参加した患者45人のデータを分析し、家族の「支援力」を高めていく教育システムの全国展開を目指す。


模擬体験や図式化


 国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)のもの忘れセンターは、家族の差し迫った疑問に答えるため、家族学習会に約3000人の認知症患者データの最新研究を反映させ、カリキュラムを再構成した。


 今年4月、アルツハイマー型認知症の夫(72)と2人暮らしの妻(70)が、症状が中期の患者の家族を中心とした3か月の「基礎コース」(計8回、約40人)に参加した。


 夫の変化に気づいたのは3年前。言動がおかしくなり、物忘れは年を追って進んだ。歩き慣れた道も忘れていく。家でボーッとしているため、カルチャー教室や運動などに連れ回した。やがて無力感にとらわれ、疲れ果てた。


 驚いたことに、桜井孝・もの忘れセンター長(54)の講義は、いま知りたい疑問に丸ごと答えてくれるものだった。例えば認知症の中期に差し掛かる夫が、排尿障害になるにはまだ早いという。ならば、仮に今日失禁しても、それはたまたまということだ。


 認知症の初期段階から、正しく薬を飲むことや、料理や買い物にも失敗が見られる。1人でバスに乗ったり、着替えをしたりすることも次第に困難になるが、大まかな時期が分かっていれば準備もできる。


 看護師や医療ソーシャルワーカーの講義も有用だった。示された事例で対応方法の模擬体験をしたり、夫の介護に関わる人たちの関係を図式化したりするなど自己分析を試みるうち、自分を客観的に見つめることができるようになった。「夫に振り回されなくていい、肩の力を抜き、もっと自分を大事にしていいという自覚が胸に落ちてきました」と、妻は言う。


 このカリキュラムで、参加者の介護への対処技術や自信が高まり、燃え尽き症候群になるリスクは大幅に減った。同センターでは、家族教育や支援のモデルをつくり、2015年度の制度化を目指す。





背景に高齢化、増える心身の負担


 「患者家族」に注目が集まる背景には、日本の高齢化がある。


 2020年には、がん患者の4分の3が65歳以上になる。高齢者の3割は何らかの合併症を持つ。一方、主に同居家族が介護を担う世帯の半数は、介護する側もされる側も65歳以上。家族の負担に目を配ることなしに、療養生活の質向上は望めない。


 今年4月、国のがん対策推進基本計画の評価項目に、患者と家族の生活の質を尋ねる19項目が初めて盛り込まれ、「家族に看護や介護の負担をかけていると感じるか」など家族に配慮した3項目も加わった。国立がん研究センターも、患者家族の支えをテーマの一つとする「がんサバイバーシップ」の支援研究部を設けた。いずれも我が国の未来に不可欠な視点であり、発展させなければならない。


 一方、認知症では、介護する側が、精神的にも肉体的にも患者より先に参ってしまうことが指摘されている。言葉でのコミュニケーションが成立せず、介護の終わりが見えない不安で負担感が倍増、生活を支える実際の介護負担も重い。


 治す医療から治し支える医療へ――。発想とシステムの転換が急務だ。





(2014年9月5日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

最新の模擬診察室 新潟大に医療人育成センター

最新の模擬診察室 新潟大に医療人育成センター


 医師などの医療技術向上を目的とした新潟医療人育成センターが8月29日、新潟市中央区の新潟大旭町キャンパスに開設された。


 最新鋭のシミュレーション機材を配備し、一部の実習室は24時間利用できる。医師不足が深刻化する中、県内の医療機関で活躍する人材の育成を目指している。


 同センターは県地域医療再生基金などによって、総工費約5億9200万円をかけて建設。4階建て延べ1908平方メートルの施設内には、模擬診察室や患者用のベッドが配置された部屋などのほか、260人収容可能なホールも備えた。


 模擬実習機器の中には、成人や小児などに見立てた人形に様々な症状をコンピューターで設定して、蘇生治療の実習が行える患者シミュレーターや、カテーテル治療の手助けとなる画像が実際に確認できる機器などがそろい、高度な医療技術を学べる。


 センター設立の背景には、県内で深刻化する医師不足がある。県によると、2012年時点の人口10万人当たりの医師数は195・1人と全国42番目。研修医も、新潟大では定員185人に対して、今年度は77人にとどまっており、医療従事者に魅力的な環境作りが急がれていた。


 同日の記念式典に出席した泉田知事は「新潟に来たら良質の技術を学べるという環境になっていってほしい」とあいさつ。センター長に就任した高橋昌・同大大学院医歯学総合研究科特任教授も「世界的に最新の機器もそろい、プロの技を磨くのには最高の環境。最大限活用して専門的な力を身に付けてほしい」と期待を込めた。


 医師のほか、看護師が注射や看護の技術を身に付けられる模擬病室もあり、今後は薬剤師も含めて幅広く医療従事者が活用できる態勢を整える予定だ。


(2014年9月3日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

糖尿病 重症化予防に重点…厚労省

糖尿病 重症化予防に重点…厚労省


生活習慣の改善指導 医療費抑制狙い


 厚生労働省は今年度、糖尿病で腎臓の機能が低下した人に生活習慣の指導を重点的に行う取り組みを進めている。


 1人年間500万円程度かかる人工透析の患者を減らし、医療費の伸びを抑えるのが狙いだ。ただ、伸びをどこまで抑えられるかは、不透明な部分もある。


レセプトを活用


 東京都荒川区は昨年度から、糖尿病の重症化予防の取り組みを独自に行っている。医療費が増加傾向にあり、約43万5000件のレセプト(診療報酬明細書)を分析した。その結果、腎不全や糖尿病は医療費が高く、糖尿病は患者も多いことがわかった。


 糖尿病が進行すると、腎臓の機能が低下し、人工透析が必要になる可能性が高くなる。現在、新たに透析を始める患者で最も多いのが、糖尿病による腎不全だ。そこで、まだ透析には至っていない糖尿病患者をレセプトから選び、保健師や管理栄養士などが半年間、定期的に面談や電話などで、食事や運動習慣の改善を促す事業を開始した。


 事業に参加した男性(52)は外食が中心で、ラーメンなど脂っぽいものを食べることが多かった。管理栄養士から、外食はバランスよく栄養を取れる定食を選ぶよう指導を受けた。男性は「定期的に指導を受けることがいい意味でプレッシャーになり、頑張ることができました」と話す。


 昨年度は43人が最後まで参加、肥満の減少や血糖値の改善がみられた。同区の「熊野前にしむら内科クリニック」院長、西村英樹さんは「患者さんの話を長時間かけて聞き、生活習慣の問題点を探していくことは日常の診療ではなかなかできないことで、意義がある」と説明する。


医療・介護費48兆円


 厚生労働省によると、国全体の医療・介護費は2011年度時点で48兆円。急速な高齢化に伴い、このままだと25年度には83兆円に増える見通しだ。


 同省は昨年、医療・介護費の伸びを5兆円程度抑える目標を掲げた。その施策の目玉の一つに据えたのが、糖尿病の重症化予防だ。


 参考にしたのは、広島県呉市の取り組み。同市は他の自治体に先駆け、10年度から糖尿病の重症化を防ぐ取り組みを行っている。レセプトなどで対象者を抽出し、看護師が生活習慣を指導する。昨年度までに、中断した人も含めて265人に実施。透析に移行した人は1人にとどまっている。


軽症者対策も


 慶応大医学部教授(公衆衛生学)の岡村智教さんは「血糖値は血圧やコレステロールに比べて薬だけでは下げにくく、保健師などが生活習慣の改善を支援する取り組みは必要だ。ただ、それだけでは医療費の抑制効果は少ない」と指摘する。


 人工透析が必要な患者は全国で約30万人で、年々増えている。糖尿病が強く疑われる人は、厚労省の統計で約950万人。高血圧患者は推計約4000万人とされる。東京都荒川区のデータでは、国民健康保険に加入する高血圧患者の医療費は半年間で約4億5000万円で、腎不全の約4億1000万円より多い。


 岡村さんは「人数が多く、症状が軽い人が薬を減らすことで医療費の抑制効果は高まる。ウォーキング用の地図を作る、喫煙場所を減らすなど、地域全体で生活習慣病の発症を防ぐ環境づくりも行う必要がある」と話す。


(2014年9月1日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

チーム医療、的確さ競う…岡山・倉敷

チーム医療、的確さ競う…岡山・倉敷


競技会に挑む医師ら(倉敷市の川崎医科大付属病院で) 夜間での患者の容体急変時などを想定したチーム医療の競技会が20日、倉敷市松島の川崎医科大付属病院であり、同病院や外部の医療機関から参加した7チーム、計約40人が医療処置やチームワークを競い合った。


 競技時間は5分間で、肺炎の患者が夜間、抗生物質を使っての治療中にアレルギー反応を起こしたという想定で行われた。


 参加した医師や看護師は大型モニターに映し出される心拍数や血圧、酸素量の数値を確認しながらリーダーの指示に従って的確に処置。また、治療中に患者の家族や他の入院患者が治療室に入るなどの対応も試され、参加者らは治療が中断しないよう冷静に応対していた。


 最優秀賞に輝いた重井医学研究所付属病院チームでリーダーを務めた荒木俊江医師(53)は「普段の臨床とは違う部分もあったが、チームワークが良く、うまくいったと思う。とてもいい経験になり、これからの臨床に生かしたい」と話していた。


(2014年9月22日 読売新聞)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修

入院経験者の看護師への意見は、男女で明確に違う

入院経験者の看護師への意見は、男女で明確に違う


先日、筆者が家族で北海道旅行に行った際、姉が入院しました。原因は北海道のおいしすぎる食材を使ったディナーバイキング。「北海道限定!」「北海道ならではの…」という誘い文句につられ、姉はダイソンもびっくりしてしまうほどの吸引力を発揮し、掃除機のように食べ物を吸い込んでいました。


そしてその夜、予想通り(?)救急車で搬送。食べ過ぎによる急性胃腸炎で入院することになりました。入院というものは、いつ襲ってくるかわからないと改めて感じた次第です。


ということで今回、しらべぇ編集部では「入院したことがありますか?」という質問を20代から60代の男女1500人にぶつけてみました。その結果、42.9%の人が「入院経験がある」と回答しました。


さらに「入院経験がある」と答えた人に入院に関するエピソードを聞いてみたところ、たくさんの意見が寄せられました。その意見を見てみると、ひとつ気になったのが男女別の「看護師さんに対しての意見」です。まとめてみたので、一部を紹介していきましょう。


【男性から寄せられた意見】


「21歳で入院したので、短い期間でしたが看護師さんがすごく優しかった」(60代)
「看護師が天使に見えた」(60代)
「彼女がいたけど看護師さんを好きになった」(30代)
「暇だったのであちこち動き回っていたら、点滴の針から血が逆流して管が真っ赤に染まってしまった。すごく焦ったが、看護師さんが手際よく対応してくれた」(30代)
「クリスマス・イブや大晦日の夜に、いつもいる若い看護師さんたちがひとりもいなくなり、高齢な看護師さんばかりになって悲しかった」(50代)


このように、男性からは看護師さんに対して“憧れ”や“褒める”といったポジティブな意見が多く寄せられました。


病院には男性の看護師さんもいますが、実際は女性の看護師さんのほうが圧倒的に多いことから、これらの意見の中に出てきている看護師さんというのは、当然ながらほとんどが女性であると考えていいでしょう。今回のアンケートに限ってみると、男性からは看護師さんに対しての不満、批判は全くありませんでした。


次に、女性から寄せられた看護師さんに対しての意見を見てみたいと思います。


【女性から寄せられた意見】


「看護師さんが、ナースステーションで携帯をつつきまくっていた」(30代)
「20代前半で1週間入院した時、大部屋に入ったら私以外みんなお年寄りで、24時間点滴している私が看護師にこき使われた」(40代)
「看護師さんは意外と性格がきつい」(40代)
「看護師の中でのいじめがある。看護師と仲良くなるといろいろと有利になる」(50代)
「看護師のひいきが明らかすぎる」(50代)
「看護師の方がモタモタしていたので、薬を配ったりするのを手伝ってあげていた」(60代)


このように、看護師さんに対する勤務態度への不満など、批判的な意見が多く寄せられました。この男女の意見の差は、今回のアンケート対象者となった女性が「たまたまダメな看護師さんにあたった」ということで片付けるには無理があるほどの差ではないでしょうか!?


普段より3割増しの魅力を発揮すると言われているナース服に男性が惑わされているのか、男性からちやほやされることが多いであろう看護師さんに対して、無意識に女性同士の嫉妬心が生まれているのか…。男女の見方の違いが顕著に出た調査結果でした。


( しらべぇ 2014/9/17)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

入院中「お化けを見た」人が2%!?

入院中「お化けを見た」人が2%!? 入院に関する調査「ライフネット生命調べ」


ライフネット生命保険は2014年5月15日~20日の6日間、20~49歳の男女を対象に、「入院に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施し、1,000名(入院経験者500名、入院未経験者500名)の有効回答を集計した。


■入院経験者に聞いた、入院中の困ったこと


入院経験者(500名)に、入院中や退院後に困ったことを聞いたところ、「体力が落ちた」33.2%、「暇だった、やることがなかった」33.0%、「お風呂に毎日入れなかった」27.0%、「食事が美味しくなかった」22.0%が上位となった。


金銭面では、「退院時の支払い」が17.6%、「収入が途絶えて生活が苦しくなった」は8.8%だった。


同室の患者さんに困った…という経験者もおり、「同室の患者のいびきで眠れなかった」16.0%、「同室の患者のおしゃべりでストレスが溜まった」12.6%と挙がった。「お化けを見てしまった」という回答も2.0%で僅かながらいた。


■入院がきっかけの珍しい体験


入院経験者(500名)に、入院中や退院後にした珍しい経験を聞いたところ、「他の患者と、退院後も仲良くなった」が15.0%でもっとも多く、「知り合いが同じ病院に入院していた」が9.4%だった。


入院がきっかけで彼氏・彼女と出会えた人も僅かながらみられ、「医師・看護師と、入院がきっかけで付き合った」や「お見舞いに来てくれた友人と、入院がきっかけで付き合った」という“入院がきっかけでお付き合い”した人は3.0%、「医師・看護師と、入院がきっかけで結婚した」や「お見舞いに来てくれた友人と、入院がきっかけで結婚した」という“入院がきっかけで結婚”した人は0.8%だった。


■入院を通じて気づいたこと、学んだこと


入院経験者(500名)に、入院を通じて、思い直したこと・気づいたことを聞いたところ、「家族(配偶者以外)にあらためて感謝した」60.2%、「配偶者・恋人にあらためて感謝した」36.2%、「自分の健康にもっと気を遣おうと思った」30.6%、「貯蓄を増やそうと思った」20.0%、「友人・知人にあらためて感謝した」19.6%と続いた。


男女別にみると、貯蓄や保険について考えた人の割合は、男性よりも女性のほうが高くなり、女性では「貯蓄を増やそうと思った」は女性26.0%、男性14.0%、「保険の加入や見直しをしようと思った」は女性22.4%、男性12.8%となった。


■もし入院したら心配なことは


入院未経験者(500名)に、もしも入院するとしたら心配なことは何か聞いたところ、「入院や手術にかかるお金」が86.8%で最も高く、「入院期間」がどのくらいになるのかが63.2%と続いた。


有職層についてみると、「職場復帰ができるか」が41.8%、「担当している仕事の状況がどうなっているか」は36.8%となり、仕事に関する心配も挙げられた。


既婚層では「夫・妻が1人で生活(家事)できているか」23.4%、子どもがいる層では「子どもの世話をしてもらえているか」26.9%が多かった。


配偶者については、特に女性のほうが心配なようで、「夫・妻が1人で生活できているか(家事ができているか)」は既婚男性の2割(18.3%)に対し、既婚女性では3割(29.8%)となった。


入院未経験者(500名)に、≪精神的な支え≫と≪身の回りの世話≫について、もしも入院するとしたら頼りにしたい人を聞いたところ、≪精神的な支え≫では、「配偶者・恋人」が40.0%となり、「母親・義母」19.8%の2倍の割合となった一方で、≪身の回りの世話≫では、「母親・義母」36.6%が最も多い結果だった。


■もし入院するなら・・・


全回答者(1,000名)に、もしも入院することになるとしたら“○○だったらいいな・○○があったらいいな”と思うことを聞いたところ、もっとも多かったのは「食事が美味しい」で58.5%、「個室料金(差額ベッド代)が安い」54.8%、「個室で入院したい」50.7%、「無料で使えるPCがある」42.3%と続いた。


男女別にみると、多くの項目で男性よりも女性のほうが希望する割合が高かったが、「イケメン・美人な医師・看護師のいる病院がいい」では男性のほうが高く、2割(21.0%)となり、意識差が明らかになった。


また、子どもがいる女性(ママ)では「子どもの世話を見てくれる施設がある」が29.8%だった。


■入院の備えはできてますか


もしも明日入院することになったら備えができているか、≪医療保険(加入している、必要な入院給付金日額がある、手術の保障があるなど)≫、≪お金(医療費の支払い、諸雑費の費用など)≫、≪知識(高額療養費制度、医療保険の適用範囲など)≫について聞いた。


入院経験者(500名)は、準備できている割合は、≪医療保険≫では63.2%、≪お金≫39.0%、≪知識≫39.2%で、医療保険以外は半数に満たない結果だった。


入院未経験者(500名)は、準備できている割合は、≪医療保険≫では51.0%、≪お金≫32.6%、≪知識≫25.0%となり、いずれの項目においても入院経験者よりも低くなった。


(マイナビウーマン 2014/9/29)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

看護への決意新たに 現場実習前に宣誓式

看護への決意新たに 現場実習前に宣誓式


 看護の道を志す学生に医療に携わる自覚を持ってもらう宣誓式が10日、愛媛県松山市花園町の河原医療大学校であり、初の現場実習に臨む看護学科の1年生76人が決意を新たにした。


 在校生や保護者ら約290人が出席。学生は真剣な表情で壇上のナイチンゲール像にともる灯を手元のキャンドルで受け取り、看護の心構えを記した「ナイチンゲール誓詞」を斉唱した。


 1年生代表の当山和輝さん(19)が「実際に臨床で体感したことを自分の知識や技術として取り込み、より質の高い看護ができるよう努力したい」と誓いの言葉を述べた。白石聡校長(74)は「自分の行動や考えが相手にとって役立つのかを患者さんや先輩看護師から学んでほしい」と激励した。


(愛媛新聞ONLINE 9月11日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

「災害支援ナース」養成に力 岡山県看護協会

「災害支援ナース」養成に力 岡山県看護協会


 岡山県看護協会(岡山市北区兵団)は、大規模災害時に被災地で活躍できる「災害支援ナース」の養成に力を入れている。東日本大震災で活動した看護師らを講師に、座学と実務訓練など独自のプログラムを実施し、現在修了者61人が登録。急病への対応や持病の悪化防止と心のケア、被災した看護師の援助といった災害時特有のスキルアップに努めている。


 災害支援ナースは、1995年の阪神大震災を機に、日本看護協会(東京)が育成を推奨。経験5年以上の看護師が各都道府県の看護協会の研修を受けて認定される。現在、全国に約7200人おり、被災した看護協会の求めに応じて派遣。これまでに東日本大震災をはじめ、新潟県中越地震(2004年)や能登半島地震(07年)で活躍した。


 応急手当てはもちろん、避難所生活で強いストレスを抱えた被災者の心のケアや感染症の拡大予防など24時間体制で対応。特に東日本大震災では、現地の看護師自身も被災者で、心身の負担が大きく、その軽減を図るという役割も果たした。


 県看護協会では01年に募集を開始。独自のプログラムを考え、毎年計4日間の新規研修を行って希望する修了者が登録するほか、前年までに災害支援ナースとなった人も講習を受けて更新している。


 県内からは東日本大震災の時に初めて計15人が宮城、岩手県で支援活動を行った。今年8月の研修では、岩手県陸前高田市で活動した慈圭病院・看護副部長の秋山千広さん(58)=岡山市南区=が講師となり、体験を紹介。「被災者から信頼や安心感を得るには、考え方の柔軟性や相手への思いやりが大切」と語った。9月下旬には実務研修として、現場で必要な技術や心構えなどを学ぶ。


 近いうちに発生が懸念される南海トラフ巨大地震をはじめ、8月に起きた広島市の土砂災害など豪雨や台風による大きな被害も増加傾向にある。県看護協会の平井康子常務理事は「出動する機会が増える可能性は高く、被災地で冷静に行動できる優秀な人材を育てたい」と話している。


(山陽新聞岡山医療ガイド 9月13日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

ペアで働く新たな看護 愛媛県内で導入拡大

ペアで働く新たな看護 愛媛県内で導入拡大


 愛媛県内の看護現場で「2人一組」で患者の安全・安心と職場改善を目指す新たな仕組みが広がり始めている。「過去の病棟は殺伐としていた」と看護師の一人が振り返るほどの慌ただしさ。疲弊する現場の改善や看護師の定着を進める狙いだ。


 「レントゲンがありますからね」「一つずつ治療しましょう」。午前8時半、松山市春日町の県立中央病院。消化器外科を担当する病棟看護師の黒田かおりさん(33)と武智由美子さん(43)は朝の会議前、患者に声掛けして回る。2人は今日のチームだ。


 原則、同じ相手と1年間の仕事の責任や成果を分担するペアでの働き方を日勤に取り入れたのは2年前。背景には、看護師1人に対して患者が10人から7人に減り手厚い体制となった一方、新人教育に時間を割いた上に、重症患者もケアした看護師が疲弊していった経緯がある。


 分担して病棟を回る2人は「コミュニケーションが取りやすくなった」「患者を移乗させる際の負担が軽くなった」「帰宅する時間が予測できるようになった」といった効果を実感している。


(愛媛新聞ONLINE 9月21日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

まだ保険適用外「看取り士」ビジネスの前途多難

まだ保険適用外「看取り士」ビジネスの前途多難


8月24日、「看取り士」が中心となって第1回「日本の看取りを考える全国大会」(後援・日本医師会、日本尊厳死協会など)が東京・四谷で開催された。看取り士とは、余命宣告を受けてから納棺まで、在宅での看取りを支援する仕事。現在、日本に36人いる。


 大会には全国の看取り士のほか、看護師、介護士、僧侶、学者、マスコミ関係者、市民ら約320人が参加。在宅診療の第一人者、長尾和宏「長尾クリニック」院長が「今、なぜ看取り士なのか? 」と題し基調講演を行った。


 長尾氏は「病院死が世界的に増加傾向にあるが、病院では過剰な延命措置が施され、穏やかに逝く平穏死は難しい」として、在宅死を支える看取り士の役割の重要性を指摘。


 また、一般社団法人「日本看取り士会」会長の柴田久美子さんも「2025年には病院のベッド不足から47万人が死に場所を失う。問題解決のため4年前、私は看取り士と無償ボランティアチームによる在宅看取りのシステムを作り上げた」と語り、孤独死対策の一環としても、看取り士の取り組みを充実させていきたいと話した。


 日本では1976年に病院死と自宅死の割合が逆転したが、柴田さんによると看取り士の派遣依頼は「人の死に慣れていない家族から」が多い。


 「家族が不安だと死に逝く人にも不安感が伝わる。また“死に目にあえないと困る”と言ってご家族が夜も寝られず、うつ病になることも。看取り士は死に逝く人に付き添い、ご家族も支援します」(柴田さん)


 現在の介護保険制度は使い勝手が悪く、訪問介護士、看護師が在宅支援できるのは1日のうち4時間ほど。残りの20時間が空白だ。「その時間を支えるのが看取り士。看取り士はケアマネや医師、看護師らと連携して24時間の見守りを実現します」と柴田さん。


 今のところ、看取り士のサービスは保険適用外でビジネスモデルができていない。このため看取り士は全員、看護師、介護士を兼職している。多死社会が迫る中、看取り士のニーズが高まるのは必至。ビジネスモデルの確立が急がれる。


(プレジデント 9月21日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

国連でエボラ対策緊急会合、各国が支援表明

【AFP=時事】国連(UN)は25日、西アフリカでまん延しているエボラ出血熱対策の緊急会合を開いた。出席した各国首脳は、必要な援助を早急に提供するよう要請を受けた。


 この会合は、先週開かれた国連安全保障理事会(UN Security Council)で、エボラ出血熱のまん延が世界の平和と安全の脅威になっているという認識で一致したことを受けて、潘基文(バン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長が招集した。会合で演説した潘事務総長は、「世界はエボラを食い止めることができる。またそうしなければならない」と述べ、「国際社会が対策を強化する時に来ている」と呼び掛けた。


 出席したバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は、3000人近くが死亡し警戒を要するペースで感染拡大しているこの危機への対策は不十分だと指摘した。


 エボラ出血熱が最も広がっているリベリア・シエラレオネ・ギニア3か国の医療当局だけでは対応が追いつかず、国連はより多くの医師や看護師、医療器具や救援物資を西アフリカに提供するよう繰り返し要請してきた。


 現地では、病床数の不足により発症した患者らが入院を断られたり、隔離命令で患者から引き離された家族らが精神的苦痛を強いられたりするといった問題が生まれている。


 支援強化の要請を受けてカナダは、2700万ドル(約29億円)の資金援助を表明。またフランスも、7000万ユーロ(約97億円)を拠出する用意があると発表した。国連はエボラ対策費として、10億ドル(約1090億円)近い資金が必要になると試算している。


 また米国はリベリアの医療従事者らを支援するため兵士3000人を派遣する他、米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)の専門家らを動員してウイルス対策の助言を行うことになっている。


 同センターでは、国際社会が対策強化を表明する以前のデータに基づく最悪の筋書きが現実のものとなった場合、来年1月までにリベリアとシエラレオネでの患者が140万人まで急増する恐れがあると警告している。【翻訳編集】 AFPBB News


(AFP=時事 9月26日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

プロフィール

Author:求人NAVI
看護師・介護士の
お仕事情報や
ニュース・コラムなど
毎日UPに向けて頑張ります♪

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カウンター

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

********

ケアーズHP ケアーズブログ 求人NAVIHP 求人NAVIブログ ウインHP ウインブログ ピーカーブーHP ピーカーブーブログ スカイ介護HP スカイ介護ブログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。