松阪市 看護師・介護士求人ナビブログ
三重県内の医療に携わる方に最適で最良のお仕事をマッチング!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットが食事運び、エレベータ待ちも 近未来な病院

ロボットが食事運び、エレベータ待ちも 近未来な病院〈AERA〉


 アメリカでは今、ロボット熱が盛り上がっている。身の回りにロボットが増えてきた。日本でも知られるお掃除ロボット「ルンバ」は、その先例。部屋の形を認識して自律走行して床を掃除した後、充電ステーションまで勝手に戻る。


 最近シリコンバレーで人気製品となっているサーモスタットの「ネスト」は、住人の気配を感じ、その生活パターンを学習して自動的に最適な温度設定を行う。元ワシントン大学教授で、抜きんでた才能を持つ研究者に贈られる「マッカーサー天才賞」を受賞したロボット研究者、ヨーキー・マツオカ氏が開発に携わった。「現代のサーモスタットはロボットとAIの組み合わせ」と、マツオカ氏は言う。


 ルンバやネストは、これからはごく普通の家庭にもロボットが入ってくることを感じさせるのだが、サービス分野ではロボットの進出がもっと加速化している。中でも病院はその先端だ。


 シリコンバレーにあるエルカミーノ病院のスタッフ用サービス通路では、20台の「タグ」と呼ばれるロボットが忙しく行き来する。運んでいるのは、患者用シーツ、食事、薬品、病理標本、ゴミなど。スタッフや看護師が行き先を指定すると、タグは自動的にそれぞれの目的地へ向かう。その途中、障害物を避け、エレベーターの前で順番を待ち、自律的に乗降する。用事を済ませると、やはり自分で充電ステーションに戻り、次の指令を待つ。


 300床の入院用ベッドを持つ同病院では、導入後の1年間でタグがのべ1万2700時間稼働し、検査ラボのスタッフが病理標本などを取りにいったり届けたりする回数を4712回減らした。同病院最高管理サービス担当者のケン・キング氏によると、タグによって日常業務コストは40%に下がったという。


(dot. 2月9日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
スポンサーサイト

「96歳要介護5」を家で看取る 訪問看護師がキーパーソン

「96歳要介護5」を家で看取る 訪問看護師がキーパーソン


 シンポジウム「この町で健やかに暮らし、安心して逝くために」が1月、東京都新宿区で開かれた。くも膜下出血後の女性を看取(みと)った娘、支えた訪問看護師、施設スタッフ、歯科医らが登壇。女性が胃ろうを付けながら経口摂取を取り戻し、家で亡くなるまでの約6年を振り返った。関係者の許可を得て、示唆に富むチームワークをお伝えする。


 東京都新宿区の鈴木久子さん=仮名=は昨年11月、老衰のため自宅で亡くなった。96歳。同居の娘、小島加代さん(64)=同=は「大変なときもあったけれど、終わってみるとすごく良かった。心残りがないと言うと嘘になるけれど、それに近い思いがある」と振り返った。


 ◆訪看と主治医


 夫の死亡後、要支援になって訪問看護が入っていた久子さんだったが、本格的な介護が必要になったのは90歳のとき。くも膜下出血で倒れ、要介護5で、ほぼ寝たきりに。手術後、胃に直接管を通す「胃ろう」を打診された。久子さん自身は常々、「倒れたら何もしないで」が口癖。だが、病院側から「リハビリするには胃ろうの方がいいですよ」と言われ、家族も同意した。だが、リハビリは始まらない。「だったら家に帰ろう」となった。


 加代さんは「帰宅に不安はなかった。父を看取ったときも訪問看護ステーションが頼りになった。昔からの主治医も近くにいるし」と言う。だが、病院側は要介護5で胃ろう、90歳の高齢患者の帰宅を考えられない様子。母子の帰りたい気持ちを酌んで加勢したのは、早期から久子さんの看護に入っていた「白十字訪問看護ステーション」だった。訪問看護師が口添えし、久子さんは帰宅した。


 ◆多様なサービス


 退院時は意思疎通はできても寝たきりだった久子さんだが、帰宅後は訪問看護師がチームケアのキーパーソンになって多様なサービスを活用。良い状態にして介護を続けられた。


 1、2カ月後に訪問リハビリが入ると、久子さんは半年後には座れるように。


 入院後、口から食べなかった時期は1年を超えていた。訪問看護師の秦実千代さんは「口の中で厚く層になった舌苔(ぜったい)を、こそげたり溶かしたりした。久子さんは食べることが大好きだったのに、何か一口がなぜ口にできないかと諦めきれず、なんとか復活させたいと思った」。


 秦さんは、歯科医師で東京医科歯科大学の戸原玄准教授に訪問診療を頼み、以後、戸原准教授が嚥下(えんげ)訓練に入った。食事は、加代さんが両手に1つずつシリコンスプーンを持つ「二刀流」で介助。久子さんは昼食にコーンスープやパン粥(がゆ)を食べるまでになった。


 戸原准教授は「脳血管疾患後は高率で嚥下障害が起きるが、急性期が過ぎると嚥下反応も回復してくる。みんなが口から食べられるようになるわけではないが、練習はできる。自己流は危険だが、場所や状態が変化したときに専門職が再評価すれば、チャンスはある。食べることを諦めることはない」と話す。


 サポートは口の中だけではなかった。車椅子に乗ると吐くようになると、戸原准教授は「座ると腹部が押されるのでは」と指摘。背もたれと座面が倒れる「ティルト・リクライニング」を提案した。介護保険で使い始めると吐き気は止まり、久子さんは再び外出できるようになった。


 ◆最期の1年


 最期の1年はやせてきた久子さん。加代さんは「ふくよかだった母の体の肉が落ち、おむつのサイズがLからMになっていった。そろそろかなと思った」と言う。


 寝ている時間が増え、2日に1度くらい覚醒する。経口摂取はなかったが、湿らせた介護用手袋で指を口に入れると吸う。加代さんは「最後まで喉が渇かずに逝けたかな」と振り返る。


 その日の朝、秦看護師らが訪問。「家を継ぐ人がいて安心ね」と声を掛けると、久子さんはふっと目を開け、表情を見せた。「『いえいえ』と言っているようでした」(加代さん)


 ■医療機器利用者 難航するショート探し 


 介護者が介護の息抜きをするショートステイ。しかし、胃ろう、在宅酸素、バルーンカテーテルなどの医療機器を使う人は、なかなか受け入れてもらえないのが現実だ。


 加代さんが腰痛を発症したとき、久子さんは主治医の診断もあり、新宿区が区内3カ所の病院に確保する在宅患者用の緊急病床を利用した。


 以後、月1回7日間のショートステイを計画した。だが、胃ろうの久子さんを受け入れるショートは少ない。白十字訪問看護ステーションの責任者で看護師の秋山正子さんは「久子さんにとって、ショートは外の風を感じられるわずかな機会。家族を休ませながらの在宅なのに、胃ろうの人を受けるショートは区内では経験上、1カ所しかない。胃ろうの人が増えているのに在宅の選択肢が示されないのは問題だと思う。施設と顔の見える関係を築きながら一緒に考えて、少しずつ枠を広げていきたい」と訴える。


 久子さんをショートで受け入れたのは特別養護老人ホーム「原町ホーム」。生活相談員、前田千紗子さんは「服薬や薬の塗り方など、いつも看護師さんに確認し、詳しく指示をもらって対応した」と言う。


 シンポジウムには、約20年前に先駆的に栃木県で訪問診療を始めた医療法人「アスムス」の太田秀樹理事長も特別参加。「うちの法人にはグループホームも老人保健施設もあるが、医療依存度の高い人が利用できる所がなかったから作った。地域に働き掛けて地域全体の意識を変えることが大切。一方で軽い人ばかりを集めても、事業所がやっていける制度にも問題がある」と指摘した。


(産経新聞 2月9日)

松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

重症向け急性期病床4分の1削減へ 医療費抑制で転換

重症向け急性期病床4分の1削減へ 医療費抑制で転換


 症状が重く手厚い看護が必要な入院患者向けのベッド(急性期病床)について、厚生労働省は、全体の4分の1にあたる約9万床を2015年度末までに減らす方針を固めた。高い報酬が払われる急性期病床が増えすぎて医療費の膨張につながったため、抑制方針に転換する。4月の診療報酬改定で報酬の算定要件を厳しくする。


 全国に約36万床ある急性期病床の削減は、診療報酬改定の目玉のひとつ。実際は急性期ではない患者が入院を続けるケースも目立ち、医療費の無駄遣いと指摘されてきた。急性期病床以外での看護師不足も招き、「診療報酬による政策誘導の失敗」といった批判も強まっていた。


 急性期病床を減らすため、厚労省は4月から、入院患者7人当たり看護師1人という手厚い配置をすると病院に支払われる「7対1入院基本料」の算定要件を見直す。


(朝日新聞デジタル 2月7日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

説明書き通りに全裸で四つんばいになった患者を看護師大笑い

説明書き通りに全裸で四つんばいになった患者を看護師大笑い


 人間、病に冒されていると、判断力も鈍ってくるもの。いつもはしないようなミスをしてしまうこともあるが、それを笑われてしまったら、なんともツライ…。埼玉県に住む女性Yさん(35才)が夫のエピソードを披露します。


* * *



 ぐでんぐでんに泥酔した翌朝、トイレから夫の叫び声が。駆けつけると夫は血の海の便器に震えてます。すぐに総合病院へすっとんでいったわよ。


 その夫の話。診察室に入ったら、鬼がわらのような顔の看護師さんが診察案内を指さし、「この絵のようにして待っててください」と。見たら、全裸の人間が四つんばい。


「こうなったら腹くくるしかねえだろよ」


 待つこと数分。するとさっきの看護師さんが入ってきて「何やってるんですか! 出すのはお尻だけでいいのよ」と言いながら大爆笑。


「絵のようにって言うから」と言うと「絵はあくまでも説明書き。ホントに素っ裸になった患者さんはあなただけよ。ああ、びっくりした!」って。 幸い、痔は一過性で、なんて「なんのなぐさめにもならね」と、夫はふさぎこんでるわ。


(女性セブン2014年2月13日号)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

特定行為の研修、看護師籍登録に自民が異議-羽生田議員、「新たな資格になる」と懸念

特定行為の研修、看護師籍登録に自民が異議-羽生田議員、「新たな資格になる」と懸念


 厚生労働省が今通常国会に提出を目指す医療・介護制度を改正するための関連法案では、看護師による特定行為の研修制度について、研修を修了したことを看護師籍に登録する方向で案を取りまとめていたが、自民党から、新たな資格付与につながるなどと難色を示す意見が出された。このため同省案は、大きく後退する形となった。


 自民党の羽生田俊・参院議員(前日本医師会副会長)はキャリアブレインの取材に応じ、「国が主導する看護師籍への登録は、新たな資格が与えられるのと同じことになる」と、同省案の修正を求めた理由を説明した。


 看護師による特定行為の研修制度をめぐっては、厚労相が指定する研修機関で研修を修了した旨を看護師籍に登録するという同省案を与党側に提示していた。しかし党の要請により、同省が指定研修機関から研修修了者名簿の提出を受けることで、研修を修了したことを把握する形になった。


(医療介護CBニュース 2月5日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

看護師の75%「辞めたい」-理由は人員不足、医労連の労働実態調査

看護師の75%「辞めたい」-理由は人員不足、医労連の労働実態調査


「仕事を辞めたい」と思うこと


 全国の看護職員の4人に3人が仕事を辞めたいと思いながら働いていることが、日本医療労働組合連合会(医労連)の労働実態調査で明らかになった。その理由は、「人手不足で仕事がきつい」が最多で、次いで「賃金が安い」「思うように休暇が取れない」「夜勤がつらい」などが多かった。また、7割以上が慢性的に疲労を感じていることも分かり、看護職員の厳しい勤務環境の実態が浮かび上がった。この結果について、東北福祉大の佐藤英仁専任講師は、「人員不足の解消がすべての看護問題解決の鍵と示唆される」とコメントしている。


 仕事を「いつも辞めたいと思う」のは19.6%、「ときどき辞めたいと思う」のは55.6%だった一方、「辞めたいと思わない」のは16.8%にとどまった。「いつも辞めたいと思う」の回答者を職場別で見ると、病棟勤務の看護職員の割合が外来や訪問・在宅関係と比べて高かった。また、勤務形態別では、「3交替」と「2交替」の割合が「日勤のみ」に比べて高く、医労連は「病棟での夜勤交代制労働の負担が離職の要因となっていることがうかがえる」としている。


 さらに、看護職員の約6割が十分な看護ができていないと感じていることも明らかになった。その理由(複数回答)は、「人員が少なく業務が過密」が7割以上で最も多かった。一方で、仕事のやりがいについて「強く感じる」は11.4%、「少し感じる」は60.3%で、やりがいを持っているという回答が7割強に上った。「やりがいを強く感じる」と回答した割合を職場別で見ると、訪問看護関係が突出して高かった。


 調査は、昨年9月から11月、全国の病院、診療所、訪問看護、介護施設などで働く、看護師、准看護師、保健師、助産師を対象に実施。約3万2300人から回答を得た。


(医療介護CBニュース 2月4日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

埼玉県、全災害拠点病院にDMAT配置-済生会栗橋病院など2施設指定

埼玉県、全災害拠点病院にDMAT配置-済生会栗橋病院など2施設指定


 埼玉県は、北里大メディカルセンター(北本市、372床)と埼玉県済生会栗橋病院(久喜市、329床)を、埼玉DMAT(災害派遣医療チーム)の指定病院に指定した。今回の指定で、県内すべての災害拠点病院にDMATが配置されたことになるため、県は「被災地での医療救護体制が強化される」としている。


 県は、大規模災害時にDMATが「迅速に出動し、被災地での効果的な人命救助・救命活動を行う」と位置付け、2006年7月に埼玉医科大総合医療センターなど3施設を初めてDMAT指定病院に定めたのを皮切りに、8年間で計15施設を指定してきた。


 1チームの標準編成は、医師1人と看護師2人、業務調整員1人の計4人で、業務内容は、▽災害現場でのトリアージや応急治療▽被災地内での患者搬送や搬送中の治療▽広域搬送拠点臨時医療施設における活動―など多岐にわたる。昨年11月に県内で行われた国民保護訓練でも、県内のDMATが救護活動の一翼を担うなど、指定病院の果たす役割に期待が高まっている。


 今回の2施設の指定で、県内のすべての災害拠点病院にDMATが配置されたことになり、災害医療体制の整備に一定の区切りを付けた形だ。県は今後も実践的な訓練や研修などを通じて、DMAT隊員の技術や知識の向上を図る方針だ。


(医療介護CBニュース 2月3日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

「霊感強い人には呻き声が聞こえるんです」と患者脅す看護師

「霊感強い人には呻き声が聞こえるんです」と患者脅す看護師


 世の中にはとんでもない看護師もいるようだ。入院中で心細い患者をさらに不安にさせる看護師のエピソードを35才・介護職の患者が語る。


 
* * *



 盲腸で入院中のときの話です。手術した日の夜、気分が悪くなったのでナースコールを押すと、すぐに駆けつけてきてくれた看護師さん。


「どうされましたか?」「下腹部が苦しくって」「ガスがまだ抜けきっていないんですね。耐えられないようだったらまた呼んでくださいね」と、そこまではなんの問題もなかったんです。ところが立ち去る際。


「ああ、でもよかった。アレじゃなくて」という気がかりな一言。思わず「え? アレってなんですか?」と尋ねました。


 すると、「実はね、この病院が建てられる前、ここの土地は墓地だったんですよ。だから霊感の強い患者さんには呻き声やすすり泣きが聞こえちゃうらしいんですね。てっきり、またかと思って」と淡々と話すと、うつむき加減に「ふふふふふ」と暗い笑みを浮かべたんです。


 その夜、一睡もできなかったことはいうまでもありません。


(女性セブン2014年2月13日号)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

触法精神障害者「専用病棟」増床相次ぐ…被害者「再犯しない根拠はどこに」

触法精神障害者「専用病棟」増床相次ぐ…被害者「再犯しない根拠はどこに」


 殺人などの重大事件を起こしながらも心神喪失や心神耗弱と診断され、不起訴処分や無罪になった「触法精神障害者」の社会復帰を目指す国指定の専用病棟の増床や新設が昨年、近畿で相次いだ。人口や事件数に比べて少ない実態を受けたもので、2施設38床しかなかったのが3施設89床に増強された。心神喪失者等医療観察法に基づき、治療とともに自省を促す対応が求められる難しい施設だが、新病棟では「座禅」を通じて自省を深めるプログラムも計画されるなど試行錯誤が続いている。


 ■3メートルの二重フェンスも…内部は開放感


 近畿では昨年、3月に大阪府立精神医療センター(同府枚方市)で新病棟が増床され、11月には滋賀県立精神医療センター(同県草津市)が新設された。平成22年8月開棟の国立病院機構やまと精神医療センター(奈良県大和郡山市)を含め、3施設が稼働中だ。


 このうち、府立精神医療センターは新病棟を建設して5床から33床に増床した。新病棟は逃走防止のため周囲は高さ3メートルの二重フェンスに覆われ、玄関には警備員が常駐。個室の窓も10センチしか開くことはない。物々しいたたずまいだが、内部の印象は異なる。対象者はトイレがついた10平方メートル程度の個室で居住。廊下は吹き抜けで天窓が設けられ、開放感が漂う。


 治療は、医師や看護師、精神保健福祉士などの5職種約60人が担当。医学的な治療も行うが、最も重要視しているプログラムは「内省」だ。


 ■北海道や四国には施設なく


 スタッフとの対話を通じ、犯罪に至るプロセスを振り返って問題点を整理したり、被害者の心情も学んだりする。わが身を振り返ってもらおうと、座禅のできる和室も設けた。


 新たな治療の成果も期待されるが、センターの奥山修副看護部長(51)は「病状の改善だけでなく、患者が罪を反省し、治療を受け入れたときが退院の目安。ただ、そのタイミングに明確なものはない」と打ち明ける。


 厚生労働省によると、こうした専用病棟は27都府県に791床あり、昨年の入院者数は700人前後で推移。退院者がいるものの新規入院は月平均20~30人といい、早晩、破綻する可能性も指摘されている。


 また、北海道や四国には施設がないなど地域偏在の問題もあり、同省は、各都道府県に最低1カ所は設置する方針で整備を進めている。


 ■「再犯しない、根拠はどこに」


 法務省によると、医療観察法が施行された平成17年7月から24年5月の間、同法に基づき1597人が入院し、759人が退院許可を受けた。このうち、殺人などの重大犯罪に再び手を染めたのは5人で、重大犯罪に限った“再犯率”は0・7%にとどまり、同省は「制度は順調に推移している」としている。


 ただ、事件の被害者側は複雑だ。昨年5月、大阪市生野区で起きた通り魔事件では、通行人の男女2人を相次いで刺したとして韓国籍の男(32)が殺人未遂容疑で逮捕された。大阪地検は11月、精神鑑定の結果、心神喪失を理由に男を不起訴処分とし、大阪地裁も同法に基づいた鑑定入院命令を出した。


 事件で重傷を負った清掃員の女性(63)の義姉(70)によると、女性は昨秋に退院したが、事件が起きた商店街を通ることができず、精神的な傷は癒えていないという。


 義姉は「時間がたてば彼はまた社会に出てくる。(再犯者は)統計的にはごくわずかなのかもしれないが、彼が出てきたとき、再び犯罪をしないという根拠はどこにあるのだろうか」と疑問を投げかけた。


 【心神喪失者等医療観察法】 平成13年の大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件をきっかけに17年7月に施行。裁判所が医師の鑑定をもとに指定医療機関への入院を命じることができ、入院期間は標準で1年半。退院後は通院治療を受けながら社会復帰を目指す。


(産経新聞 1月29日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

50代医師 「患者の気持ちを明るくしないとな」と下ネタ言う

50代医師 「患者の気持ちを明るくしないとな」と下ネタ言う


 世の中にはとんでもない医者もいるという。56才の看護師長が明かす、産婦人科医の“下ネタ”エピソード。


 
* * *



 気を使う方向性を間違えている婦人科の医者と看護師のコンビに手を焼いています。


 この前もデリケート・ゾーンが異常に痒いと検査をした患者に50代半ばの医者が「カンジダだねぇ。あ、いっとくけど“うっふん、感じちゃった”の“感じた”じゃないよ。たまに勘違いする人がいるから。ワッハッハ! そんな患者はいないか。おっと、内科はあっちだ」って笑い飛ばしたんですよ。


 そして医者のオヤジギャグに看護師が呼吸を合わせて「きゃーっ! ハハハハッ」ってウケまくっているの。ただでさえシモの病気で恥ずかしい思いの患者は、いたたまれないって。


 それを「患者の気持ちを明るくしないとな」ってこの医者、鈍感にもほどがあるわ。


(女性セブン2014年2月6日号)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

県央基幹病院基本構想まとまる 500床、医師80人体制 新潟

県央基幹病院基本構想まとまる 500床、医師80人体制 新潟


 「県央基幹病院基本構想」がまとまり、策定委員会の鈴木幸雄委員長(燕労災病院長)が泉田裕彦知事に提出した。基本構想によると、19診療科、病床数500床、医師80人体制とし、既存病院や診療所との救急医療ネットワークを築き、医療スタッフの育成なども担う。県は今後、設置場所や時期、運営主体、医師の確保策などを検討する。


 三条、燕、加茂など5市町村・人口約23万人の県央医療圏で、基幹病院と圏域内の医療機関が「県央型救急医療ネットワーク」をつくり、症状に応じて基幹病院、既存病院、診療所への振り分けを行う。団塊世代が後期高齢者となる平成37年には、在宅医療の必要性が高まることから、開業医や周辺医療機関の活動を支える機能も盛り込んだ。


 基幹病院には地域救命救急センターを設置し、24時間体制で入院が必要な患者に高度で専門的な医療を提供する。研修医や看護師の確保と育成にも取り組む。


 泉田知事は、基本構想を進める上で医師の確保が重要だとし、「県内から集めると周辺病院の勤務医の不足が加速する。県外からいかに医師に来てもらうか通勤を含めて考えていく必要がある」と述べた。


 県央医療圏には200~300床規模の病院が10あるが、救急医療の中核病院がなく、救急搬送件数の2割近くがほかの医療圏へ搬送されている。21年に、関係自治体や医療関係者による県央中核病院のあり方についての合同会議が始まり、昨年2月、燕労災病院と三条総合病院を統合し500床規模の基幹病院を公設民営で整備運営する再編案がまとまっていた。


(産経新聞 1月28日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

別地域の医療関係者、合同で救急訓練 中京でメディカルラリー

別地域の医療関係者、合同で救急訓練 中京でメディカルラリー


 異なる地域で働く医師や看護師らがチームを組んで救急対応の的確さを競う「京都みぶメディカルラリー」が26日、京都市中京区の京都市立病院で開かれた。大規模災害など六つのシナリオで実際に患者への初期治療などを訓練した。


 災害など各地から医療、消防機関が集まる場面でもスムーズな対応ができるよう2010年から開催しており4回目。福知山市で昨年8月に起きた事故を受け、露店が爆発した場面もシナリオの一つに設定された。


 京都府や滋賀県など関西各地から約50人の医師、救急隊員、大学生が参加した。


 7人一組で負傷者らに対して治療の優先度を決める「トリアージ」を行った。観光バスが河川敷に転落したとの想定や1歳の子どもが心肺停止した状況などもあり、参加者は現場の状況を関係機関に伝えたり、心臓マッサージを行ったりする早さや正確性を競っていた。


(京都新聞 1月27日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

ミニスカ・谷間強調看護師多数の病院 検査で動悸激しくなる人も

ミニスカ・谷間強調看護師多数の病院 検査で動悸激しくなる人も


 医者嫌いの旦那が急に病院に行きだしたことで怪しんだのが48才パートの女性。真意をよく調べてみると…。


 
* * *



 医者嫌いのウチの旦那、どっかでその病院の噂を耳にしてきたらしいんだよね。「1泊2日の人間ドック入院するから」だなんて、やけに積極的なのよ。


 面会には来るなっていうし、おかしいなとは思ってたんだ。で、こっそり見に行ってその真意がよ~くわかったわ。


 だって、そこ、白衣の下がミニスカで、ブラウスのボタンが弾けるぐらい胸の谷間を強調させた若い看護師さんがウジャウジャいるんだもん。


 でもって、体温計を脇に入れるときや、血圧を測るときは患者さんの体にベッタリくっついて、胸の谷間をチラチラ。ご多分に漏れず、ウチの旦那も鼻の下をダラ~ンと伸ばして血圧を測られてましたわ。そりゃ動悸だって激しくなるっちゅう~の!


 ホームページには、“随時、看護助手募集中”って文字が躍ってたわ。


(女性セブン2014年2月6日号)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

病児保育施設、待望の再開へ 新居浜

病児保育施設、待望の再開へ 新居浜

 医師不足などで昨年9月に休園していた、急病の乳幼児を預かる愛媛県新居浜市内唯一の病児保育施設「なかよし園」(同市北新町)が2014年度早期にも再開の見通しとなったことが24日、分かった。


 同園は系列の十全総合病院を経営する一般財団法人積善会(同市)が運営している。1988年に開園し、定員8人。市児童福祉課によると2010年度は延べ461人、11年度569人、12年度177人が利用した。


 病院によると、利用が伸びず、年間約1000万円の市の委託料を受けながら毎年数百万円の赤字が続いていた。医師不足で08年から隔週土曜日を休診としたため病児保育担当看護師の負担が増大。退職が続いたことなどから休止していたが、保護者から再開要望が多数寄せられていた。


 同病院の生田博志事務長は「閉園も検討したが、地域貢献のため存続の方向性を固めた」と話し、14年度早期の再開を目指す。市児童福祉課は「開園時間短縮など病院が運営しやすいよう調整を進めたい」としている。


(愛媛新聞ONLINE 1月25日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

ケチ開業医 辞める看護師に採血失敗時の注射針の代金を請求

ケチ開業医 辞める看護師に採血失敗時の注射針の代金を請求


 世の中にはとんでもない医者もいるという。41才の看護師が明かす、開業医の“ケチ”エピソード。


* * *



 開業医に勤務することになったのですが、ビックリしたのが、先生の二重人格。患者さんの前では温和な笑顔でニコニコしているんですが、ひとたび昼休みになったら、自分のはいてるスリッパで、スパ~ン!とヒステリックに床を殴るんです。


「どうしたんですか?」なんて聞くと「きみはドクターのオレのいうことを聞いていればいいんだよ」と言いつつ、もう一発スパ~ン。


 さらにケチで、私がアンプル(容器)を落として割ってしまった時は「経費が…」とネチネチ言われ、あまりに毎日言うので、辞表を出してやったんですよ。


 そしたら「じゃ、辞める前にこれ」って、アンプル代と採血で失敗した時の、真空管と針の代金を請求されました。長くて半年、短い人は2時間で退職していく個人医院の内実は、ま、こんなもんです。


(女性セブン2014年1月30日号)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

島の女性「普段着で検診」 瀬戸内巡る診療船・済生丸に同乗

島の女性「普段着で検診」 瀬戸内巡る診療船・済生丸に同乗


 瀬戸内海の64の島々を巡る国内唯一の診療船「済生丸」が23年ぶりに新造され、笠岡諸島で検診と診療を始めた。島の健康を守り続けて半世紀余り。財政難から存続が一時危ぶまれたが、島民の熱望で4代目は就航した。「また来てな。待っとるで」。期待の言葉を“動力”とする「海を渡る診療所」に21日、同乗した。


 笠岡港(笠岡市)から50分。白い船体が人口約500人の白石島の港に横付けした。冷たい風が吹く桟橋。足早に渡ってきた3人の女性は「船の中は暖かいなあ」。この日の予定は乳がんと子宮がん検診。新たに搭載したマンモグラフィー(乳房エックス線撮影装置)を初めて使う日だ。


 エレベーターで船底の一室へ。「乳房撮影室」は一般の医療機関と同様に、狭さや圧迫感はない。「マンモグラフィーは他の島か本土の病院へ行くしかなかったから」と女性(61)は穏やかに笑う。


 白とピンクを基調にした船内。明るい雰囲気も手伝い、待合室では女性たちの会話が弾む。女性(63)は「普段着でちょっと行ける。それが済生丸のいいところ」。


 済生丸は1962年、恩賜財団済生会(東京)が就航させ、2011年度からは岡山、広島、香川、愛媛の4県支部が運営する。初代からの航行距離は地球19周に当たる約77万キロ。診療、検査人数は延べ55万人超だ。医師が常駐しない離島も多く、重視するのは予防医学。13年には船をモデルにしたテレビドラマが放映され、その存在が全国に知れ渡った。


 今月15日に診療、検査をスタートさせた4代目は全長33メートル、180トン。医療機器を含め建造費は約6億6千万円。初搭載のデジタル式エックス線撮影装置など最新の医療機器を積む。出動日数は年間220日余りを見込み、毎回、医師1~2人と看護師ら10人前後のスタッフが乗り組むという。


 白石島を出ると大飛島へ。検診を受けたのは13人。「あっという間に終わったわ」「ありがとう」。数々のお礼を背に、船はさらに南下。横揺れがだんだんと大きくなる。外は強い風雨。荒天のため次の六島行きは諦め、引き返すことになった。この日の検診は2島で30人だった。


 「自然には勝てないが、島の人が待っている。何とか日程調整しないと」と池田修二医師(58)。船が港に戻るころ、船内では笠岡市役所など関係機関との“電話会議”が終わった。六島の訪問は22日に決まっていた。


(山陽新聞岡山医療ガイド 1月22日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

喫煙と深い関わり 「COPD」認知度低く

喫煙と深い関わり 「COPD」認知度低く


 運動時の呼吸困難や慢性のせき、たんを伴うCOPD=慢性閉塞(へいそく)性肺疾患=。たばこを吸う人に多い肺の“生活習慣病”とされ、全国の患者数は約500万人、年間の死亡者は約1万5千人と推計されている。男性の喫煙率が全国ワースト2位の青森県では、2012年に186人が死亡しているが、病気の認知度は低いのが現状。男女ともに全国で最も平均寿命が短い“短命県”の汚名を返上するためにも、病気に関する知識の普及や、禁煙の啓発などが課題となっている。


 COPDは慢性気管支炎や肺気腫などが含まれる病気で、患者の9割以上はたばこと関係がある。長い時間をかけて病気が進むのが特徴で、重症化すると、空気を血液中に取り込むための肺胞の壁が壊れるなどして呼吸困難になる。


 治療を始めても、肺や気管支を元の健康な状態に戻すことができないのが特徴。たばこを吸わない人は受動喫煙を避けること、COPDと診断された喫煙者は病気の進行を遅らせるため、きっぱりと禁煙することが重要だという。


 県がん・生活習慣病対策課によると、がんや心疾患、脳卒中などと比べ、県内でのCOPDの認知度は極端に低い。


 県が昨年8~9月にインターネットを通じて実施したアンケート(回答者は809人)では、COPDについて「よく知っている」と回答したのは17・80%。「聞いたことはあるが、どのような病気か知らない」(42・03%)と「聞いたことがない」(40・17%)が全体の8割を占めた。


 このため、県は26日に青森市で、COPDを中心に肺の病気に関する講演会を初めて開催。市町村には、健康づくり教室などで注意を呼び掛けてもらう。


 医師や看護師の理解も十分とは言えないため、2月には医療関係者を対象とした研修会も開く。日頃の診察の際に、喫煙習慣の有無や呼吸の状態を確認してもらい、患者が早めに病気に気付ける体制を整えたい考えだ。


 県健康福祉部の齋藤和子がん対策推進監は「呼吸器の病気が重症化すると、息切れがひどくなり、苦しい状態で日常生活を送らなければならない。喫煙者や周囲の人は、たばこによる健康問題を考えてほしい」と注意を呼び掛けている。


(デーリー東北新聞社 1月20日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

マンション入居者向けサービス、多様化 「御用聞き」や「ナース」が常駐する物件も

マンション入居者向けサービス、多様化 「御用聞き」や「ナース」が常駐する物件も


 頻繁に活用するものではなく、なくても日常の生活に支障をきたすわけでもない。しかし、ひとたび使ってみればかなり重宝しそうだ。いま都市部のマンションでは、そんなサービスが増えつつあり、話題を呼んでいる。


 「不要品買取サービス」は、部屋の模様替えなどの際にいらなくなったモノの処分に便利な上、ちょっと得をする。不動産賃貸仲介を手がけるエイブル(本社:東京都港区)が、2013年11月より管理する物件の居住者向けにスタートさせた同サービスは、リユースの大手であるブックオフコーポレーション(本社:神奈川県相模原市)とのコラボレーションで誕生した。対象は書籍、CD、ゲーム、DVDや衣類、食器ほか。買い取り方法は、ブックオフコーポレーションが展開する「宅本便(宅配買取サービス)」と「出張買取サービス」を活用する。また、独自の特典も設けられており、宅本、出張ともに買取額は、通常よりも10%アップするそうだ。


 また、高級賃貸にふさわしいサービスのひとつとして、三井不動産(本社:東京都中央区)では間もなく入居開始となる新規賃貸物件で「御用聞き」を始める。物件は、日本橋再生計画の一環として完成する賃貸住宅「パークアクシスプレミア日本橋室町(地上22階建、賃貸は18~21階部分、全54戸、賃料は1カ月40万円台より)」。御用聞きサービスは、物件に常駐するコンシェルジュと日本橋三越、および周辺施設や店舗と連携し、入居者の買い物ほか日常のよろず相談ごとに、きめ細かく対応しようというものだ。また国際化も考慮し、対応は日本と英語のどちらでも可能となっている。


 一方、ユニークなネーミング「ナースな管理人」で、2011年から入居者へ健康面での安心感アップを考えたサービス体制を整備しつつあるのは、首都圏でマンション管理業務を行うイノーヴ(本社:東京都板橋区)。同サービスはその名の通り、看護師資格を持つ人間が管理人室に勤務し、通常業務以外に入居者の健康相談にも応じるものだ。医療行為そのものはできないが、やはりプロの助言は的確であり心強い。そのため管理人室は、入居者である高齢者や、連日育児におおわらわの新米のママたちにとっては身近なよき相談場所となり、時には管理人室が健康相談室と化すこともあるという。


 分譲や賃貸の違いはあっても、住まいを決める際にはあれこれと悩むのが常。加えて昨今は、入居者向けのサービスは日増しに多様化してゆく。今後の住まい選びにあたっては、いままで以上に考える時間が必要となりそうだ。


(MONEYzine 1月19日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

災害時に精神科医派遣 岡山県医療センターが支援協定

災害時に精神科医派遣 岡山県医療センターが支援協定


 岡山県精神科医療センター(岡山市北区鹿田本町)は18日、全国の6自治体精神科病院と災害時の相互支援協定を締結した。大規模災害時に自治体や国からの派遣要請を待たず迅速に被災者の心のケアに当たれるようにする狙い。同センターによると、全国初の試みという。


 協定を結んだのは、島根県立こころの医療センター▽大阪府立精神医療センター▽静岡県立こころの医療センター▽千葉県精神科医療センター▽宮城県立精神医療センター▽山口県立こころの医療センター。今回は岡山県精神科医療センターと6病院との個別の支援協定だが、今後、7病院全体での相互支援協定を結ぶ。


 岡山県精神科医療センターで開かれた調印式で中島豊爾理事長が「支援協定を結び、まずは被災地に駆けつけられる体制を整えることが大切。連携の輪をさらに広げていきたい」とあいさつ。署名した協定書を各病院の院長と交わした。


 協定書によると、各病院からの応援要請で医師や看護師らの専門職チームを派遣。活動費用は支援する側の病院が負担し、被災病院が応援要請しやすいようにした。


(山陽新聞岡山医療ガイド 1月19日)


松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応

プロフィール

求人NAVI

Author:求人NAVI
看護師・介護士の
お仕事情報や
ニュース・コラムなど
毎日UPに向けて頑張ります♪

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

カウンター

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

********

ケアーズHP ケアーズブログ 求人NAVIHP 求人NAVIブログ ウインHP ウインブログ ピーカーブーHP ピーカーブーブログ スカイ介護HP スカイ介護ブログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。